福祉施設へ看護師が転職をする際には求人サイトの口コミをチェック。

看護師の多くは病院で勤務しています。医療現場なので医療的処置が中心になります。
病院には医師が常駐しているので異常時の報告に対してすぐに医師の指示により医療処置がなされます。
それに対し福祉施設などでは医師が非常勤です。

 

ある程度、看護師が患者の状態を見極めてから医師に電話などで報告します。
それを受けて医師が指示を出します。
なのである意味責任がある分やりがいもあります。

 

高齢化社会にともない、転職サイトでも老人福祉施設の看護師求人が多くなってきています。
福祉施設の看護師は新人ではある程度の判断ができないので向きません。
病院からの転職や定年退職された方が多くキャリアを発揮されます。
なので年齢層は幅が広いです。

 

ここで施設の転職で事前に理解しないと選び方を間違ってしまいます。
病院と違い福祉現場の看護師は給料が安いです。
そんな時は看護師転職サイトをの口コミを見てください。

 

 

でもほとんどの施設は夜勤がなく日勤です。子育て中や体力的に夜勤が困難な方にはおすすめです。
残業もなく定時に帰れます。口コミでも残業なし、夜勤なしでお勧めの職場と言われています。
ただし、夜間の呼び出し(オンコール)はあります。施設により回数は違いますが4〜5回ほどです。

 

 

施設により業務内容に違いはありますが健康管理が主です。医療重視の方には人気のない職場です。
医療現場と介護現場では業務内容は違い戸惑うことも多いです。
業務のコツつかみ今までのキャリアを生かし、高齢者のセルフケアをするのはやりがいがあります。
看護師転職の手段として施設看護師もおすすめです。